fc2ブログ
血と骨
2011 / 07 / 12 ( Tue )
このDVDは何度見ても見飽きない、と言うより子供時代のことを思い出してしまう。
親たちはあそこの家には行ってはいけない、あそこの子供と遊んではいけない!とよく言っていた。
当時は何のことかまったく分からず、親の目を盗んでは一緒に遊んだものだ。

日本の私の田舎では、トサツ場、肉屋、竹屋、鞄・靴屋、汲み取り屋等々 日本人が嫌がる仕事があった。私は物心ついた頃、部落とはその昔、殿様がこれ以下の貧しい暮らしはないぞ!と勝手に庶民の見せしめに設置したものだと思っていた。

仕事をしだしてよく感じることがあったのだが、日本という国は結果的にその人たちに乗っ取られたのではないか?夢を抱いて朝鮮半島から来た人、行った日本人妻、ハイジャック犯。どちらが成功したのだろう?中国、台湾もしかり、日本の国で成功した日本人って本当にいるのか?日本人が楽しようと嫌なことを外国動労者におしつけた結果がこれから先も続くのだろうな。現在進行形は介護、僻地・農家の外国人妻、解体業、ついでに東電の孫受けあたりか?

タイ国に来ている日本人の一部に、日本人を食い物にしている人がいるが日本人の 血・骨 などまったく考えないようだ。一致団結という言葉さえない、まだ戦時中は結構団結していたに違いない。
仕方ないか!お金を持っているのは日本人だから、言葉も通じるし!

ところで、日本って本当に裕福なのか?私はそうは思わない、税金地獄だと思う。文句を言ったモン勝ちだと思う。政治家、企業のトップ、パチンコ屋、芸能界等 日本人って何人くらいいるのだろう?
本当に日本がいいと思うのなら何故、海外移住など考えるのだろう?ただの道楽かもしれないが・・・

チェンライでのんびりDVDばかりみているが、やはり日本のことが気にかかる。それも募金で集まったお金のことだ。どうなっているのだろう? タイ国も募金集めには協力しているのだが・・・因みに私は1円も募金していない!血も骨もない日本人なのだ!!
スポンサーサイト



テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

12:37:30 | タイにて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ビザの更新 | ホーム | 変な選挙>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://52inaka.blog66.fc2.com/tb.php/239-f9827d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |